体内の余分な脂肪を排出してデトックス・ゲルマニウム温浴

このエントリーをはてなブックマークに追加
ゲルマニウムは32℃以上になると、電気を通す導体となり、遠赤外線やマイナスイオンを放出し、電気を帯びた物体と結合する性質があります。私達人間には生体電流という微弱な電流が流れていて、ゲルマニウムから出されるマイナスイオンが生体電流の乱れによる冷えや疲れ、肩こりなどに効果を与え、血液や神経の伝達を活発にしてくれます。また、ゲルマニウムには体内でたくさんの酸素を作り出すこともできます。
ゲルマニウム温浴は42度〜45度の有機ゲルマニウムを溶かしたお湯に20分ほど手足を浸す健康温浴法です。以前、ゲルマニウム温浴の一大ブームが起こり、多くのモデルや女優さんたちも行っていることが雑誌などで取り上げられました。
全身の末梢神経の3分の2が集中している手足を温浴することで、ゲルマニウムが全身に行き渡り、マイナスイオンと遠赤外線によって身体が芯から温まり、20分の温浴で大量の汗をかくことができるのです。しかも、この汗は身体の表面の汗腺から出る汗ではなく、表皮の深部にある皮脂腺から出る汗。皮脂腺から出る汗には、脂肪分や体内に蓄積された有害物質、老廃物が含まれています。通常、皮脂腺から汗を出すにはマラソンであれば30kmは知らなければならないところをゲルマニウム温浴であれば、手足をたった20分温浴するだけでいいのです。体内の余分な脂肪を排出してくれるだけでなく、デトックス効果も得られ、各器官の機能も向上させる効果もあるので、より健康的な体を手に入れる手助けをしてくれます。

Copyright (C)2017魔法のエステで今度こそダイエット! マジックエステ.COM.All rights reserved.