超音波を当てて脂肪を溶解・最近注目のボディスカルプ

このエントリーをはてなブックマークに追加
ボディスカルプは最近注目を集め始めた新しい痩身施術です。お腹や太もも、ヒップなど脂肪が気になる部分にボディスカルプの超音波を当て、キャビテーション現象を起こすことで、脂肪細胞そのものを溶解し脂肪を減少させる痩身トリートメントです。

キャビテーション現象とは?

ところで、皆さん「キャビテーション現象」はご存知でしょうか?あまり馴染みのない言葉ですが、キャビテーション現象こそが、脂肪現象を実現させるキーワードなのです。キャビテーション現象とは“空洞現象”を意味します。特殊な周波数の超音波を照射すると、脂肪細胞の内部に気泡が発生します。発生した気泡は脂肪細胞内でだんだん大きくなり、やがて脂肪細胞を割ります。すると脂肪細胞が乳化を起こし溶けます。こうすることで脂肪細胞を減らしていくことが可能になります。

ボディスカルプの魅力

ボディスカルプの優れたところは、部分痩せに非常に効果があることです。食事制限や運動では、ピンポイントで痩せたい部分を落とすのはなかなか難しいこと。その点、痩せたい部分に照射し、脂肪細胞を溶かして減らすボディスカルプはこれまで難しかった痩せにくい部分の痩身も可能にしました。
脂肪を溶かすというと、他の器官への影響はないのかと心配する方もいるかもしれませんが、脂肪細胞以外の血管や筋肉にはダメージは与えません。また、硬い脂肪や厚みのある脂肪にも効果が期待できます。また、施術後は痩身効果だけでなく、お肌もしっかりと引き締めてくれる効果もあります。

Copyright (C)2017魔法のエステで今度こそダイエット! マジックエステ.COM.All rights reserved.