運動が苦手でもOK、電気を流して筋肉を鍛える・EMS

このエントリーをはてなブックマークに追加
EMSとはElectrical Muscle Stimulationの頭文字をとった略語で和訳すると「電気を流して筋肉を鍛える運動」という意味です。普通運動とは脳の指令により体の各部位を動かして行うものですが、EMSは脳の指令を通さず、運動神経に電気で刺激を送り、筋肉を動かすトレーニングマシンのことです。
脂肪を燃焼させるためには筋肉が必要不可欠なことは皆さんご存知だと思います。でその仕組みは脂肪分解酵素「リパーゼ」が脂肪細胞を「脂肪酸」と「グリセリン」に分解、分解された「脂肪酸」は血液中に溶け「遊離脂肪酸」となります。この「遊離脂肪酸」は筋肉に運ばれ、筋肉の「ミトコンドリア」が、「遊離脂肪酸」と「酸素」に着火し、脂肪が燃焼されるシステムとなっています。すから通常は筋肉がなければ、脂肪は燃焼できないのです。
EMSを腹部に30分当てることで腹筋600回分相当の筋肉運動の効果があるとされています。自分で腹筋300回行うのは至難の業ですが、じっとしているだけで運動と同じように筋肉運動が行えるので、運動が苦手な方にもオススメです。欧米では筋力アップ、シェイプアップにと幅広く活用され、プロのスポーツ選手もEMSを使用して筋力トレーニングをしていると言われています。
エステサロンではベッドに寝てEMSの施術を行います。寝ているだけなのに筋肉が動き少し不思議な感覚かもしれません。しかし、翌日の筋肉痛が効果実感の証となることでしょう。引き締まったスリムボディを手に入れたい人にはうってつけの施術かもしれません。

Copyright (C)2017魔法のエステで今度こそダイエット! マジックエステ.COM.All rights reserved.